少ないエネルギーで暮らす

高気密・高断熱のお住まいは、簡単にいうと魔法瓶のような保温効果の高いお住まいなのです。エアコンを入れて、すぐ快適になります。また快適なった空気が室内に保たれます。その為、エネルギーをたくさん使わずに快適に過ごす事が出来ます。

実は・・・遮熱も大切!

断熱材が万全でも室外の影響を受けない訳ではありません。
太陽の直射熱(日射熱)の多くは、室内に侵入します。日射熱が部屋に侵入するのを防ぐことを「遮熱」の性能高いほど室内温度への影響が変わります。
せっかく快適になった室内も影響を受け、またエネルギーをつかっていくのです。
絵;出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

窓の遮熱は、一般的になってきました。

桧家住宅では、屋根・壁・換気にも対策をとっております。

Wバリア工法
~泡とアルミのダブル効果~

Ⓐ 現場発泡断熱材
  「アクアフォーム(屋根・壁)」
  「アクアフォームNEO+TP(基礎)」
~夏場、暑くなりがちな小屋裏や冬場の床下からの底冷えを防ぎます。~
Ⓑ 遮熱タイプ通気スペーサー
  「アクエアーシルバー」
~太陽の赤外線を屋根で防ぐことで冷房の効率化をアップさせます。~
© 透湿・防水・遮熱シート
  「アクアシルバーウォールライト」
~赤外線をカット。壁中の湿気を逃すことで結露を防止することができます。~
Ⓓ 「断熱樹脂サッシ」
  「遮熱Low-Eペアガラス」
~赤外線・紫外線を大幅にカット。外気の温度差から生じる結露も防止できます。~

水のチカラで発泡する断熱材「アクアフォーム」

「気密性」「断熱性」「吸音性」を高いレベルで実現。

水の力で発泡する環境にやさしい断熱材「アクアフォーム」は、住宅の隅から隅まで家全体をスッポリと覆ってしまう現場で吹き付け発泡する断熱材です。自己接着力によって柱や梁に密着して気密性を大幅にアップさせます。
暑さ、寒さを遮断し家中どの部屋でも同じような室温に保てる温度のバリアフリーを実現。そのため省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房費に要する光熱費も大幅に削減できます。さらに湿気を防ぎ、結露を抑制するので建物の耐久性、衛生面からも家族を守り続けます。

暑さ対策は「屋根断熱」寒さ対策は「基礎断熱」

屋根は太陽熱影響を大きく受ける場所です。直接屋根を断熱することで室内の温度環境を快適に保つことができます。 基礎断熱は床下が室内とほぼ同じ温度になるため冬場も快適に過ごせます。また、夏は床下に発生しやすい結露を防止します。