愛知県安城市 K様邸

家を建てるなら住宅展示場へ行こうと、多くのモデルハウスが大きくて立派すぎると感じた中で、桧家住宅の等身大の「リアルサイズ展示場」へご来場いただいたのがきっかけの出会いでした。最初にお聞きしたご要望は平屋。そこて、ご提案させて頂いたのは、子供部屋だけ2階にあるこの形でした。
大きな屋根には、太陽光発電パネルも搭載、個性的な省エネハウスが完成致しました。

ゲストも寛げる吹き抜けリビング、暮らし方に沿った間取り

屋根の形状をそのまま見せた勾配天井は、家族が過ごすリビングにとても開放感を与えます。
上に見える小窓は、小屋裏収納です。
大きなまど、高い天井、和室までつながる空間になりました。
奥さまのこだわりで、ゲストをリビングへ招いたとき、リビングからキッチンが見えないように位置をずらしたり、キッチンからパントリーを通って洗面、リビングが行き止まりのない導線にしたり、打合せをしながら思い描いた住まいをカタチにされました。

畳コーナー

南に面する畳コーナーは、外とつながる空間に。
コロコロ昼寝をしたり、お子様が遊ぶ、そんな家族の大切な場所になりました。
吊押入れにすることで床がつながり、畳コーナーの広がりを感じます。

ダイニング

有孔ボードを使った自由に飾れる壁や階段下を利用したスタディスペース。
ダイニングのまわりにはたくさんの工夫が恐縮されています。
構造の梁もポイントに。